一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ

家庭教育支援コースと復学支援コースの支援ガイダンス

家庭教育支援コースの流れ

まずは家庭ノートの記入と
クエスチョンシート(質問表)を送りましょう!家庭ノートの記入はスマホやPCから記入していただけます。

アドバイザーがお子さんの性格傾向を分析していきます。分析期間は3ヶ月程度です。

週に1回の電話カウンセリングと
家庭ノートのやりとりを続けましょう。

PCM(親のカウンセリングマインド)を実践する中で
効果的な手法はどれかをアドバイザーが判断します。 3ヶ月目〜

アドバイザーがあなたのご家庭に合った
親の学びプログラムを構築し
アドバイスいたします。 半年目〜

親御さんが柔軟に判断をしながら
対応できるようになっていきます。 1年目〜

小学1年生から中学3年生までであれば、支援は可能です。
お子さんの年齢、学年に応じた必要な干渉と過干渉のライン引きをし、
年相応の自立を育む家庭教育を経験豊富なアドバイザーがアドバイスしていきます。

復学支援コースの流れ

まずは家庭ノートの記入と
クエスチョンシート(質問表)を送りましょう!家庭ノートの記入はスマホやPCから記入していただけます。

カウンセラーがお子さんの性格傾向を分析していきます。 分析期間は3ヶ月程度です。

週に3回の電話カウンセリングと
家庭ノートのやりとりをしていきましょう。しっかりカウンセラーにお子さんの状況を伝えましょう。
それが早期復学へのポイントです!

カウンセラーがお子さんの復学のために
どのような支援(もしくは手法)の組み立てが
有効かを見極めていきます。

カウンセラーの組み立てた支援内容に従い
ご家庭内で対応をしていきましょう。

ご家庭内の対応のみではなく、
ダイレクトアプローチが適切だと判断した場合は
訪問カウンセラーが伺うための組み立てをしていきます。訪問カウンセラー導入前は綿密なやりとりをします。

訪問カウンセラーが伺い、
復学準備や学校との連携をはかっていきます。

いざ復学へ!

継続登校のサポートをしていきましょう!一番重要視すべきはここです!

継続登校のステージでは、
家庭教育をしっかりと学んでいただきます。わたしたちの支援では家庭教育を中心に考えています。

カウンセラーがあなたのご家庭に合った
親の学びプログラムを構築しアドバイスいたします。夫婦の意志統一とあなたのご家庭に合う家庭教育を身につけましょう。

そして支援卒業の日を迎えます。平均支援期間は15ヶ月です。

復学支援の受講料や訪問カウンセリング料及び成果報酬についてはこちらをご覧ください。