母子登校の解決法

私たちのところには、不登校や五月雨登校の他にも母子登校(母子同伴登校)のご相談が寄せられています。母子登校とは、母親が一緒にいないと学校まで行くことができない、給食を食べられない、教室に入ることができない、授業が受けられない状態のことを言います。

不登校に比べると、家に引きこもっているわけでもないし学校にも母親が一緒であれば行くことができているのだからという理由で社会的にもあまり問題視されていない傾向があります。

しかしながら、母子登校のお子さんのことで悩まれている親御さんにとっては、単純に「不登校の子よりかは楽でよかったわ」とは考えられません。実際、家庭内の状態や母親にかかる精神的、肉体的負担のことを考えると、母子登校状態は不登校状態と比べても悩みは決して少なくはありません。

お母さんによってはお勤めされている方もいらっしゃいます。母子登校のケースでは、朝から子どもに付き添って学校まで行かなければならないため、職場にご迷惑をかけることもあります。主婦の方も決して暇ではありません。毎日、給食の時間だけ学校へ行き、子ども用の机とイスに座って給食を子どもと一緒に笑顔で食べられるお母さんが果たしているでしょうか。多くのお母さんは笑顔で泣いているのです。
授業参観などで我が子の学校での様子を見ることは親にとって幸せな瞬間だと思います。しかし、毎日ひとりだけ教室の後ろに立って自分の子の授業風景を眺める親の気持ちを考えると胸が痛みます。

支援する側から考えても、不登校より母子登校の方が手間がかからずに問題は浅いとは言い切れません。場合によっては不登校のケースよりも問題が長引くケースもありましたし、カウンセラーの対応としても高度な教育的判断が求められることも多々ありました。
家庭内対応においても、学校へ母親と一緒でなければいけない子は何事にも母親を頼ってきます。トイレに行く時も、お風呂に入る時も・・・
お留守番を頼もうものなら、裸足で家の外まで出てきて、泣きながらお母さんを追いかけてきます。お母さんの生活は常に子ども中心に回るようになります。そこに親としての自分は感じられても、妻としての自分、ひとりの人間としての自分を感じられずに夫婦関係に亀裂が生じたり、ご自身の精神的な安定を崩される方も少なくはありません。

これが幼稚園や保育園の子であれば「あら、まぁ」で済むのかもしれません。

しかし、小学校2年生、3年生、4年生になってもこの状態が続くと親の不安は子どもの将来にまで向けられます。これは無理のないことです。
母子登校の学校側の解決策は不登校と同じくいまだ明確なものがありません。自然と子どもの自立心が芽生えて羞恥心が年相応に育ってくると母子登校は解決します。しかし、そうは言われても母親の立場からすれば

「そのゴールはいつなの?私はいつまで頑張ればいいの?」

という悲痛な叫びが聞こえてきます。

母子登校に関して一番の問題は「母子依存」をいかに切り離し、年相応の自立心を育んでいくかということがポイントに挙げられます。
この母子依存の根本にあるものが親の過干渉や過保護なのか、それとも弟や妹のように幼く愛されたいという気持ちからなのかを分析する必要があります。

親の過干渉や過保護が根本にあるケースでは、子どもの自立心を育む対応(自分で考えさせる問いかけや、親の干渉を控えるなど)をしていくことが大切です。弟や妹のように幼く愛されたいと思っているケースでは一時的に愛情を満たしてあげる対応や、親の気持ちを伝える手法(アイメッセージ)が効果的です。

具体的に母子登校を乗り越えるためには、段階的な手法が効果的です。今の段階で教室までついていかないと登校できないのであれば、次は廊下まで。その次は下駄箱まで、次は校門まで・・・というように目標設定を明確にして徐々にひとりで登校できるように促すことが大切です。その際には親子共に目標達成をしていく喜びを分かち合えるように「登校カレンダー」を作ったり、仮の報酬を与える「トークン・エコノミー法」などを用いると効果的です。

ただ、注意しなくてはならないことは、段階的な手法には少なからず停滞期があるということです。下駄箱のところまではあっさり進めることができたけれど、そこから先がクリアできないというようなケースもあります。その時に子どもをさらに追い詰めて厳しく接するべきなのか、または少し考えさせる時間を与えるべきなのかが重要な判断となります。その判断は個々の親子関係や子どもの性格傾向によるので専門家の判断を受けることが大切ではないかと考えられています。

ペアレンツキャンプでは代表カウンセラーが顧問となって、どのような段階設定をするのかということを個々のケースごとに考えながら支援をしています。親が子離れすれば、自然と子どもも親離れしていきます。あなたのお子さんにとってどのラインが過保護・過干渉なのかを分析していき、子どもが自分の足でみんなと同じように母親から自立して学校へ行けるようにするために一緒に頑張っていきましょう。

ペアレンツキャンプでは個々のケースを分析して、あなたの家庭にあう、あなたのお子さんのための手法を親御さんと一緒に考えていきます。おひとりで悩まずまずはお気軽にご相談くださいね。

おひとりで悩まずご相談下さい

一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ 〒530-0054 大阪府大阪市北区南森町1丁目1-26
Copyright© Parents camp 2009-2016 All Rights Reserved.