一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ

家庭教育における親のカウンセリングマインド

私たちは様々な家庭教育理論やカウンセリング技法を織り交ぜて、個々の家庭の状況やお子さんにあわせて、お子さんの年相応の自立心や協調性や社会性を開発するための親の学びプログラムを提供しています。

その基本的な考え方として『親のカウンセリングマインド』(PCM=Parents Counseling Mind)という考え方を考案しました。家庭にカウンセラーのテクニックの一部を有効的に使える形に変えて取り入れています。
これは何か問題が起こった時に対処するような「治療的」なものではなく、「予防的」「開発的」な考えの中から生まれた水野式の家庭教育理論です。

当センターの支援受講にあたっては、まずこの理論を学んでいただく必要があります。支援を受けられるに当たって、当センター代表理事の書籍をテキストとして使用させていただいております。
肩肘張らずに気軽に始めてみましょう。親が変われば、子どもはきっと変わりますよ。

Parents Counseling Mind

親のカウンセリングマインド あなたの家庭の“分からない”を“分かる”に変えるヒント

  • アクティブリスニングテクニック

    子どもの気持ちを共感した上で話を聴くテクニック。

  • アイメッセージテクニック

    子どもの行動に対して親の気持ちを伝えるテクニック。

  • 命令・指示・提案を極力避けるテクニック

    過保護・過干渉のライン引きを考えましょう。

  • 子と同レベル会話をしないマインド

    子ども上位の家庭では問題行動を抑えられません。

  • 親の問題と子の問題を分けて考えるマインド

    その問題は誰の問題なのかを考えましょう。

  • 先回りして子どもの経験を奪わないマインド

    子どもは失敗を経験して自立していきます。

  • 不足不満を言わないマインド

    子どもだって頑張ってますよ。

  • 親の価値観を押し付けないマインド

    親の価値観だけでなく子ども自身で価値観を作れるように。

  • 悲しいときには悲しい顔で、
    うれしいときにはうれしい顔で
    テクニック

    感情豊かに接しましょう。

  • 叱り役の立場を下げないテクニック

    母と父の役割分担のために必要なテクニック。

  • ターン・テーキングテクニック

    場の空気を読める能力を育てるテクニック。

家庭力のUP まずは基本を学んで真摯に今までの対応で反省すべき点は反省しましょう。
担当カウンセラーやアドバイザーへの感謝の気持ちを持ちましょう。
良い人間関係を作るにはまずは感謝の気持ちです。
子どもを信頼してあげましょう。
子どもの為に努力している自分自身を誇りに思いましょう。